寛永18年
湯島にて茅舎建設
明治13年
大浴舎建設
明治32年
総湯初代
昭和10年
総湯2代
昭和29年12月
さぎの湯(総湯3代)
昭和40年7月
さぎの湯(総湯4代)温泉センター開館
昭和53年7月
総湯5代
平成8年11月
温泉センター閉館
平成9年1月
総湯6代
平成23年4月
総湯7代

大同年間
(806〜810)
湯之谷に温泉湧出
永承年間
(1046〜1053)
温泉湧出口、海中に移転(元湯付近)
文明〜天正(年代不詳)
(1477〜1577)
七尾城主畠山氏海中温泉湧出口を周囲石で囲む
寛永18年
(1641)
加賀藩3代利常公湯島築工
湯壺を作り芽舎を建設
寛文〜貞享(年代不詳)
(1661〜1687)
加賀藩により、湯番徒に少五郎を任命
文政2年
(1819)
湯壺、湯島に至る架橋普請修理
嘉永6年
(1853)
新湯(前田齋泰公視察の際、ご覧になる)
明治5年10月15日
(1872)
温泉権を少五郎より獲得(議定の一礼)
明治13年
(1880)
ドイツで開催された「万国鉱泉博覧会」で三等賞受賞
明治29年3月20日
(1896)
和倉鉱泉営業組合結成
明治42年9月27日
(1909)
東宮殿下の行啓
御使殿を造営
大正9年4月
(1920)
和倉湯の花株式会社設立
大正10年8月
(1921)
新湯の傍を掘貫
桶貯湯槽 木
大正12年4月6日
(1923)
第1号源泉掘削
大正12年5月
(1923)
簡易水通事業竣工
大正14年12月27日
(1925)
和倉温泉合資会社設立